廃車寸前でも買取できる?

下取り VS 買取 どっちがいいの?

「下取り? 買取? 違いがよくわからない」

というあなたのために、1分で理解できるようにしましたので、ぜひ参考にしてみてください。

下取り

相手はディーラーもしくは中古車販売店です。

新車や中古車を購入する際に、その購入で買う車の購入資金の足しにするために、愛車を売ることです。

簡単に言うと、値引き目的です。

店舗が同じため、下取り査定、納車、値引き交渉などすべてワンストップでできるため、楽チンです。

ですが、ハッキリいって査定額は期待できないと思ってください。

ディーラーなどは独自の査定表を元にして、査定をしますが、オートオークションなどの中古車相場と連動していません。

何を言いたいのかというと、人気車種だとしても安く査定されてしまうということです

また、社外品、エアロ・アルミなど、査定対象になりません。

「安くなってもいいから、面倒な手続きやいやだ!」という人に向いています。

買取

相手は買取専門店(ガリバーやアップル、カーセブンなど)です。

下取りは値引き交渉目的でしたら、買取店は単純に車を売って、現金を受け取るということです。

最大の特徴はやはり高値で売れるということです。

中古車相場と買取額が連動しているため、株式相場のように常に値動きをしているため、タイミングがあえばかなりの高額で売ること可能です。

また、買取店はライバル店がひしめきあっているため、競争してもらうことで、より買取額をアップしてもらえます。

デメリットは、やはり新車購入と買取店とは別々になるため、タイムラグが発生することです。

ただ、代車サービスがあるため、そのあたりはあまり気にしなくても大丈夫ですし、買取店は最近中古車を提供してくれるため、格安でゲットできることが往々にしてあります。